私のはてな

私のはてなをいっしょに解明してください

愛とお金

"いかに自分にお金を使ってもらえるか"  が、"いかに自分が愛されているか" の目安になっている。

わかりやすい愛を両親からもらったことがなく、言葉で「愛してるよ」っていくら言われても、あんまり信じることができない。

ブランドものとか高いものが欲しいんじゃなくて、安いものでいい。ガチャガチャでもいい。アイスでもいい。スッとレジに持って行って会計してくれたり、これ買ってあげるよって買ってくれたり、サプライズでプレゼントされたりすると、ああ愛されているなと思う。

 

わかりやすい愛の象徴が、お金で買った "モノ" 。

 

悲しくて歪んだ考え方だけど、弟が許されていたことを "長女だから" と私だけ許されなかった結果がこれだと思ってる。両親を責めるわけではなくて、こう育つことしかできなかった私のせい。

 

私だけ許されたかったし、もっとわがままを言いたかったし、甘えたかったし、何よりもっとたくさん言葉が欲しかっただけなのになあ

 

許されず、言葉ももらえず、未だに「愛」を信じることができない結果が、愛=お金という歪んだ考え。


正直しんどいし、情けないです

広告を非表示にする

トゥルーエンド

もう会えなくなって150日ぐらい経ったんだよ。寝て起きるのを150回ぐらい繰り返したんだよ。でも150の内の149は会いたいって思ってるの。もう会えないし、会うこともないんだろうけど、会いたいって思ってるの。何のために会うわけでもなくて、ただ顔を見たいと思うの。

 

私はこの前、これまでにないぐらい “怖い女” になった。でもこうでもしないときっとあなたはあのサイトから完全に消えることはなかったでしょ。本当に終わらせるのって、多分こうするしかなかったんだよ。あなたと彼女がナアナアなままでいること何となくわかってたから、余計なお世話だっただろうけど。

けどこれで私のことを悪い思い出にできたでしょ。もう二度と会いたくないって思えたでしょ。連絡も取りたくないって思えたでしょ。

でももしも、何年後でも十何年後でも数十年後でも、いつかもしどこかで会えたらその時は、多少ぎこちなくとも、元気?と言い合えればいいと思うし、何かの間違いで私にメッセージでも送ってきてくんないかなって思う。生存確認的な意味で。彼女さんには悪いが、今後もしあなたから(来ないとは思うけど)連絡が来ることがあっても私は彼女さんにチクったりなんぞ絶対にせん、絶対に。

 

  

東京って狭いくせに広い。こんなに狭くて人だって多いのに、全然ばったり会わないんだもんね。人混みに紛れてるんだろうけど、全くわかんないんだもん。ウォーリーをさがせ! よりも、ミッケ! よりも難しい。あーもー!ってなる。

でも知ってるんだよ、会うべき人とは会うべくして会うんだよね。会えないってことは、そういうことなんだよね。

 

何で終わりってくるんだろ。始まったら終わるって本当に残酷。ずっと続いてて欲しいのにさ。

 

 

私はねえ、あなたが大好きだったし、

私は東京が好きで、何でもあって、会いたい人もいる東京が大好きで、絶対にこれからも東京に住み続けたい!って思ってたけど、あなたが東京を出て田舎で暮らしたいって言うんだったら喜んでついて行くし、どこまでも行って、いつまでもあなたを支え続ける!って思うぐらい、それほど好きだったから、今だって大好きだから(大切って意味で)、一番幸せになってもらいたい。

私よりもはるかに幸せになれば良いって願ってる。強がりでも何でもなくて、間違いなくそう思ってる。この世で一番、私があなたの幸せを願ってる。

あなたが選んだ人とあなたが、絶対一生幸せでいられる呪いをかけ続けてあげよう。死ぬまで呪い続けるよ。私がしつこいこと知ってるでしょ。

 

 

また今年も冬が来るよ。薄着の冬が来るよ。荷物と着てるものに動きを制限されたくないからって、身軽で薄着の冬が来るよ。でも私、今年はちゃんと厚着した冬にする。

  

秋だからちょっとセンチメンタル。明日にはこの気持ちがなくなっていますように



こんなことをツラツラ書いちゃうところもきっと怖いんだろうけど、あなたが言ってくれた みやちゃんは可愛いよ の “可愛い” で許して!


トゥルーエンド!

広告を非表示にする

恋人ができたんだ

いつだってそう、誰か特定の男の人と「ずっと一緒」なんていうのは、空想妄想虚妄だと思って生きてきた。

 

18の頃に知り合って、20の時に付き合い始めた。「付き合う=オフィシャルなセフレ」としか思えなかったけど、自由に振る舞えてわがままも聞いてくれるし色んなことを教えてくれるし楽しいからいいやって付き合ってた。

 

一緒に西友でご飯買って、TSUTAYA寄って、コンビニでアイス買って帰った。借りてきた映画観ながら、カラーボックスの上に、お菓子のおまけでダブった小さなフィギュアを並べて笑った。二人でゲームした。いっぱいゾンビ倒したよね。

冬に悪いこともした。知らないおじさんとセックスしてお金もらったりもした。安く買われて泣いた私を抱っこしてくれた。けど違ったんだよ、本当は「そんなことしないで」って怒って欲しかったんだよ。

途中、他に大好きな人ができた。うまくいかなかったけど。

でも全部許してくれた。私、そんな恋人のことやっぱり好きじゃなかった。

私のこと、たくさん「可愛い、本当に可愛い」って言ってくれた。「好きだよ」って言ってくれた。でも守ってもらえなかった。大事にされたかった。悪いことしたら怒ってほしかった。言ったのにそうしてくれなかった

 

全部なんとかしなきゃいけなくて、環境も、関係も変えなきゃいけないと思って、「芽が出るまでに何か変わっていますように」と願いを込めてアボカドの種を育て始めた。

今は40センチぐらいまで成長した。私を取り巻く環境はアボカドの背丈よりも大きく変わった。ずるずると引きずった大好きだった人との関係も変わった。アルバイトを始めた。恋人に「元」がついた。ちゃんと大切にしたい好きな人ができた。その人と付き合った。

私初めて「好きな人」と付き合った。毎日ドキドキしてる。付き合うってこんなに幸せで楽しいんだね。

 

元恋人のこと、利用してたのかもしれない。友達のいない東京に一人で引っ越してきて、頼れるのは元恋人だけだったから。

でも楽しかった。元恋人が住む荻窪が大好きになった。いい街だってことを知れた。色んな音楽を教えてもらった。レコード屋さんなんて今まで行ったことなかった。煙草吸う横顔にはいつも見惚れてた。私の口の悪さも、誰かへの最低な愚痴も、性格の悪さも、誰かに見せたのは初めてだった。

本当は花火大会にも行きたかった、一緒に手持ち花火もしたかった、ライブだって行きたかった、喫茶店もいいけどカフェにも行きたかった、レコード屋さんも楽しいけどタワレコにも行きたかった、人が少ないところも楽だけど、人混みも好きだった。

 

好きじゃないけど愛してた。名前を呼ばれるのが嬉しかった。いつの間にか家族みたいに思ってた。「いずれ結婚して家族になるんだからそれでいいじゃん」って言ってたけど、「結婚してから家族になりたかった」んです。この違い、私にとっては大きいんだよ。

いつか「逃した獲物はおおきかった」なんて思うことがあるのかな。ないかもな。もしかしたら一瞬思っちゃうことがあるのかな。

 

私、今の恋人のことずっとずっと大好きでいたい。アルバイト始めてから全部が変わった。これでよかった。

 

たくさんの時間と思い出を積み重ねてしまったけど、大切なのは「これまで」よりも「これから」だから、これでいいんだ。今の恋人とのこれからが、空想妄想虚妄じゃありませんように。

 

 

私と付き合ってて幸せだったかしら。少しは 夢 叶えてあげられたかしら。いつかこれまでの日々の思い出もお互いに薄れゆく時が来るのかしら。自販機でレモンスカッシュじゃなくて別の缶ジュースが出てきて二人で大笑いしたあの夜も、忘れちゃうのかしら。

 

 

元恋人のこと愛してた。

早く鍵返さなきゃ。

広告を非表示にする

最低男と最低女の旅行記

12月の初めにある男性と知り合った。決して良い出会い方ではなかったけれど、それでも毎週会うようになり、会う回数を重ねるうちに、互いに好きという感情が芽生えた。

でも、彼には付き合って三年の彼女がいたし、私にも付き合って一年の彼がいたから交際に発展することはなかった。

 

だけど毎週金曜日には夜から会い、一緒にご飯を食べ、車でどこか遠くへ出かけ、その地のホテルに宿泊し、同じ布団で眠り、翌朝起きて出かける。することは、サッカーだったり、しゃぼん玉だったり、探検だったり。子どもがやるような遊びを、とにかくなんでも楽しんでやった。

もちろん、映画も観に行ったし、水族館で魚も見たし、夜の東京タワーにも登った。初めてのデートはイルミネーションだった。普通の大人のデートもした。

歩くときは手を繋いでくれて、おんぶしてもらったり、おんぶしてあげたり、肩車もされた。エスカレーターや階段を降りるときは私の前に、上るときは私の後ろに必ず立ってくれた。コンビニのレジでの「ありがとう」もちゃんと言える人だった。

 

彼は、私の恋人とはまるで正反対の人で、明るく元気で社交的で、音楽の趣味も合うし、考え方も似ていて、一緒にいるとなんでも楽しいと思えたしどこへ行っても楽しかった。彼と一緒にいるときの私は、とても素直で正直で、優しくいい子でいられた。

 

彼は、彼女と別れて私と付き合うと言ってくれたし、私も恋人とは別れると言ったけれどそれが叶うことはなかった。互いにパートナーとの生活にたいくつしていたんだと思う。ちょっとよそ見しただけ。ちょっと探検しただけ。

私は彼に、ちゃんと別れてもいないのに「別れた」と嘘をついた。生活が変わるのが怖かった。上京してきて頼れる人は、上京前から付き合っていた恋人だけだったし、恋人と別れた後にもし付き合ってもらえなかったら私は一人になってしまうと思って保険をかけた。

結局、思った通り彼女と彼が別れることはなく、私は恋人と別れなくて良かったとホッとした。

だからきっとバチが当たったんだと思う。嘘つきで、みんなから愛されていたくて、欲張りだから。

 

その後恋人には全てを話した。彼も彼女に今までしていたことを話した。だけど私の彼も彼の彼女も、それを受け入れると言った。

惰性もあるのかもしれない。たくさんの時間と思い出を積み重ねてしまったし、新しい出会いがこれから先他にあるのかという不安もあっての“受け入れる”という言葉だったのかもしれないし、分からないけれど、もしかしたら愛なのかもしれない。

 

それでも最低な私は、彼のことを好きな気持ちは変わっていない。浮気をするような男だとわかっているのに、彼女とちゃんと別れられない男だってわかっているのに。なぜか好きな気持ちをやめられなかった。

 

彼は明日誕生日を迎えるし、この先彼女と同棲を始める。

これからどうなるかわからない。また遊ぼうという話もしている。きっと私はまた彼と会うだろう。どこかへ出かけてホテルに宿泊して、ということはないかもしれないけれど。

 

縁があればまた繋がる。

最後の夜には泣いて縋って私と付き合ってよと言った。そんなこと今まで一度でもなかったのに。大声出して男性にしがみついて街中で泣くことなんか絶対にないと思っていたのに。

でも今は一緒にいるタイミングではないんだと思う。人生は何事もタイミングだから。私が恋人とちゃんと別れて精神的に自立したとき、もしもまた縁が繋がれば次は一緒になれるかもしれない。そう信じて前向きに、ちゃんと暮らしていきたい。気を病んでご飯が食べられなくなることもあったけれど、健康な精神で、笑顔で、彼と出会う前のような日々を過ごしていたらきっとまた出会い直せる。

 

そう信じたい、ただの最低な女の話

冬に人を待ってた話

友達は先に帰って、私は人を待ってた。椅子に腰掛けて、音楽を聴きながら、肘をついて可愛く待ってた。外は暗くて、窓に映った自分を見ながら、前髪変じゃないかなって整えたりして待ってた。聴いていた曲はSEKAI NO OWARIの「花鳥風月」。その部屋はとても寒くて、マフラーを巻いてた。その人は待っても待っても来なくて、いつ来るのかなぁって。私はいつの間にか突っ伏して寝てた。そしたら頭を撫でられる感触がして目が覚めたんだ。好きな人が頭を撫でて起こしてくれた。わぁびっくりしたぁって言って起きた。おしゃべりして、帰りに「マフラーの後ろ結んでください」って言って結んでもらった。

 

いつかの冬の話。

 

でもこの話は、作られた偶然 によって過ごせた時間。

 

友達が先に帰ったんじゃなくて、先に帰るまで待ってた。なんとか二人きりになりたかったから、友達には帰ってほしくて、帰るまで待ってた。

突っ伏していつの間にか寝てたのも嘘。きっと好きな人が起こしてくれる、きっと触れて起こしてもらえるって思ったから、寝たふりしてた。

起こされた時、びっくりしたぁって口から出たのも嘘。全然びっくりしてない、ドキドキしてた。

ぶきっちょなふりして、「マフラーの後ろ結んでください」って言ったのも嘘。私器用だから、マフラーの後ろなんて簡単に結べる。でも結んで欲しかった。

 

 

全部作られた偶然だった。

 

花鳥風月聴いてたら思い出した、冬の話です。

 

冬って嘘つきの季節。

あの子の匂い

冬にあの子がよく、カサついた肌にボディクリームを塗っていた。その匂いがずっと嫌いだった。いや、その匂いに包まれたあの子が嫌いだった。

クラスの中でもずば抜けて可愛く、そして大人しくて、でもどこか抜けてて、それがまた可愛くて。みんなで鬼ごっこをするときも、絶対に鬼になることはないような、何か間違ったことをしても、「いいよいいよ、君だから許すよ」と言ってもらえる、みんなから守られた女の子だった。ふんわりしていて、性格も良くて、私の理想だった。私に持っていないものを全部持っていた。私はずっと、この子になりたかった。嫉妬だった。何もかもが羨ましかった。

私がぽそりとつぶやいた、「私はあなたになりたい」という言葉に、「私はみやになりたいよ」って返された。何でこんなに可愛い子が、私になりたいと思うのか全然わからなくて、嫌味のように受け取ってしまった。それから私は、あの子を何となく避けるようになって、話さなくなった。全部が羨ましくて、私の何もかもが否定されるようで、辛かったから、もう関わりたくなかった。いきなり話さなくなって、避けるようになって、ひどいことをしてるというのはわかっていたんだけど、どうしてももう無理だった。

私の方が一方的に嫌いになって、一方的に離れて、崩してしまった友情を、いやでも思い出してしまう、あのボディクリームの匂いが何となく恋しくなって買ったんだ。

また仲良くしたいけれど、私は可愛くないから、きっとまた劣等感に苛まれて同じことを繰り返すんだろう。だから私は、このボディクリームの匂いに包まれることで、あの子にしたことを一生忘れずに過ごしていきたいと思うんだ。

広告を非表示にする

二番目

美容室で、

私なんでも二番目が好きなんです。委員長より副委員長だし、班長より副班長だし、車での信号待ちも一番前より二番目がいいんです。責任を負いたくないんです。一番目って責任を問われたりするじゃないですか、あと私プレッシャーに弱くて。でも二番目だったら一番目ほどのプレッシャーもなく、責任もそんなに問われず、誰かの作った道を歩いていけばいいし、楽じゃないですか。

って言ったら、それ危ないよ…不倫の気があるんじゃない、って言われた。

 

なんか、何も言えなくて、そうかも〜って笑った。

 

先がない恋をしてる人たちって、多分すごく言われると思うんです。時間がもったいない、若さを無駄にしてる、とか。

 

でも、人間いつでも今が一番若いんだって思うんだ

 

20歳のころは若かった〜って30歳になった自分が言うかもしれないけど、50歳になった自分はきっと、そんなことを言ってた30歳の自分若かったな〜って言うんだよ。過去に戻ることはないから、これから先の自分の人生を見たら、今が一番若いんだ。

 

だから私は、一度も時間の無駄だとも、若さの無駄遣いだとも思ったことない。

それに、好きな人に自分の一番若い時を捧げたいって思うのは、別におかしいことじゃなくないですか

 

明日になったら、また自分の人生で一番若い日くるから、人間いつでも今が一番若いから、若いうちにやってれば良かったって思うことがあっても、それは今やっても遅くないですきっと。

 

 

 

さっき、家から卒業した小学校までの間、人も車も全然いなくて、世界に私ひとりだけ取り残されたのかと思った笑

 

今日は暑いねえ

広告を非表示にする