読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のはてな

私のはてなをいっしょに解明してください

最低男と最低女の旅行記

12月の初めにある男性と知り合った。決して良い出会い方ではなかったけれど、それでも毎週会うようになり、会う回数を重ねるうちに、互いに好きという感情が芽生えた。

でも、彼には付き合って三年の彼女がいたし、私にも付き合って一年の彼がいたから交際に発展することはなかった。

 

だけど毎週金曜日には夜から会い、一緒にご飯を食べ、車でどこか遠くへ出かけ、その地のホテルに宿泊し、同じ布団で眠り、翌朝起きて出かける。することは、サッカーだったり、しゃぼん玉だったり、探検だったり。子どもがやるような遊びを、とにかくなんでも楽しんでやった。

もちろん、映画も観に行ったし、水族館で魚も見たし、夜の東京タワーにも登った。初めてのデートはイルミネーションだった。普通の大人のデートもした。

歩くときは手を繋いでくれて、おんぶしてもらったり、おんぶしてあげたり、肩車もされた。エスカレーターや階段を降りるときは私の前に、上るときは私の後ろに必ず立ってくれた。コンビニのレジでの「ありがとう」もちゃんと言える人だった。

 

彼は、私の恋人とはまるで正反対の人で、明るく元気で社交的で、音楽の趣味も合うし、考え方も似ていて、一緒にいるとなんでも楽しいと思えたしどこへ行っても楽しかった。彼と一緒にいるときの私は、とても素直で正直で、優しくいい子でいられた。

 

彼は、彼女と別れて私と付き合うと言ってくれたし、私も恋人とは別れると言ったけれどそれが叶うことはなかった。互いにパートナーとの生活にたいくつしていたんだと思う。ちょっとよそ見しただけ。ちょっと探検しただけ。

私は彼に、ちゃんと別れてもいないのに「別れた」と嘘をついた。生活が変わるのが怖かった。上京してきて頼れる人は、上京前から付き合っていた彼だけだったし、その彼と別れた後にもし付き合ってもらえなかったら私は一人になってしまうと思って保険をかけた。

結局、思った通り彼女と彼が別れることはなく、私は恋人と別れなくて良かったとホッとした。

だからきっとバチが当たったんだと思う。嘘つきで、みんなから愛されていたくて、欲張りだから。

 

その後恋人には全てを話した。彼も彼女に今までしていたことを話した。だけど私の彼も彼の彼女も、それを受け入れると言った。

惰性もあるのかもしれない。たくさんの時間と思い出を積み重ねてしまったし、新しい出会いがこれから先他にあるのかという不安もあっての“受け入れる”という言葉だったのかもしれないし、分からないけれど、もしかしたら愛なのかもしれない。

 

それでも最低な私は、彼のことを好きな気持ちは変わっていない。浮気をするような男だとわかっているのに、彼女とちゃんと別れられない男だってわかっているのに。なぜか好きな気持ちをやめられなかった。彼と初めて出会ったとき、私はこの人と結婚するんだと感じた。子どもを産みたいなんて一度も思ったことなかった私が初めて、誰かの子どもを産みたいと思った。

 

彼は明日誕生日を迎えるし、彼女と同棲を始める。

これから先どうなるかわからない。また遊ぼうという話もしている。きっと私はまた彼と会うだろう。どこかへ出かけてホテルに宿泊して、ということはないかもしれない。でも私にはなぜか彼と一緒の将来が見える。言葉では言い表せないけれど、そんな気がしている。

 

縁があればまた繋がる。

最後の夜には泣いて縋って私と付き合ってよと言った。そんなこと今まで一度でもなかったのに。大声出して男性にしがみついて街中で泣くことなんか絶対にないと思っていたのに。

でも今は一緒にいるタイミングではないんだと思う。人生は何事もタイミングだから。私が恋人とちゃんと別れて精神的に自立したとき、もしもまた縁が繋がれば次は一緒になれるかもしれない。そう信じて前向きに、ちゃんと暮らしていきたい。気を病んでご飯が食べられなくなることもあったけれど、健康な精神で、笑顔で、彼と出会う前のような日々を過ごしていたらきっとまた出会い直せる。

 

そう信じたい、ただの最低な女の話

冬に人を待ってた話

友達は先に帰って、私は人を待ってた。椅子に腰掛けて、音楽を聴きながら、肘をついて可愛く待ってた。外は暗くて、窓に映った自分を見ながら、前髪変じゃないかなって整えたりして待ってた。聴いていた曲はSEKAI NO OWARIの「花鳥風月」。その部屋はとても寒くて、マフラーを巻いてた。その人は待っても待っても来なくて、いつ来るのかなぁって。私はいつの間にか突っ伏して寝てた。そしたら頭を撫でられる感触がして目が覚めたんだ。好きな人が頭を撫でて起こしてくれた。わぁびっくりしたぁって言って起きた。おしゃべりして、帰りに「マフラーの後ろ結んでください」って言って結んでもらった。

 

いつかの冬の話。

 

でもこの話は、作られた偶然 によって過ごせた時間。

 

友達が先に帰ったんじゃなくて、先に帰るまで待ってた。なんとか二人きりになりたかったから、友達には帰ってほしくて、帰るまで待ってた。

突っ伏していつの間にか寝てたのも嘘。きっと好きな人が起こしてくれる、きっと触れて起こしてもらえるって思ったから、寝たふりしてた。

起こされた時、びっくりしたぁって口から出たのも嘘。全然びっくりしてない、ドキドキしてた。

ぶきっちょなふりして、「マフラーの後ろ結んでください」って言ったのも嘘。私器用だから、マフラーの後ろなんて簡単に結べる。でも結んで欲しかった。

 

 

全部作られた偶然だった。

 

花鳥風月聴いてたら思い出した、冬の話です。

 

冬って嘘つきの季節。

あの子の匂い

冬にあの子がよく、カサついた肌にボディクリームを塗っていた。その匂いがずっと嫌いだった。いや、その匂いに包まれたあの子が嫌いだった。

クラスの中でもずば抜けて可愛く、そして大人しくて、でもどこか抜けてて、それがまた可愛くて。みんなで鬼ごっこをするときも、絶対に鬼になることはないような、何か間違ったことをしても、「いいよいいよ、君だから許すよ」と言ってもらえる、みんなから守られた女の子だった。ふんわりしていて、性格も良くて、私の理想だった。私に持っていないものを全部持っていた。私はずっと、この子になりたかった。嫉妬だった。何もかもが羨ましかった。

私がぽそりとつぶやいた、「私はあなたになりたい」という言葉に、「私はみやになりたいよ」って返された。何でこんなに可愛い子が、私になりたいと思うのか全然わからなくて、嫌味のように受け取ってしまった。それから私は、あの子を何となく避けるようになって、話さなくなった。全部が羨ましくて、私の何もかもが否定されるようで、辛かったから、もう関わりたくなかった。いきなり話さなくなって、避けるようになって、ひどいことをしてるというのはわかっていたんだけど、どうしてももう無理だった。

私の方が一方的に嫌いになって、一方的に離れて、崩してしまった友情を、いやでも思い出してしまう、あのボディクリームの匂いが何となく恋しくなって買ったんだ。

また仲良くしたいけれど、私は可愛くないから、きっとまた劣等感に苛まれて同じことを繰り返すんだろう。だから私は、このボディクリームの匂いに包まれることで、あの子にしたことを一生忘れずに過ごしていきたいと思うんだ。

広告を非表示にする

二番目

美容室で、

私なんでも二番目が好きなんです。委員長より副委員長だし、班長より副班長だし、車での信号待ちも一番前より二番目がいいんです。責任を負いたくないんです。一番目って責任を問われたりするじゃないですか、あと私プレッシャーに弱くて。でも二番目だったら一番目ほどのプレッシャーもなく、責任もそんなに問われず、誰かの作った道を歩いていけばいいし、楽じゃないですか。

って言ったら、それ危ないよ…不倫の気があるんじゃない、って言われた。

 

なんか、何も言えなくて、そうかも〜って笑った。

 

先がない恋をしてる人たちって、多分すごく言われると思うんです。時間がもったいない、若さを無駄にしてる、とか。

 

でも、人間いつでも今が一番若いんだって思うんだ

 

20歳のころは若かった〜って30歳になった自分が言うかもしれないけど、50歳になった自分はきっと、そんなことを言ってた30歳の自分若かったな〜って言うんだよ。過去に戻ることはないから、これから先の自分の人生を見たら、今が一番若いんだ。

 

だから私は、一度も時間の無駄だとも、若さの無駄遣いだとも思ったことない。

それに、好きな人に自分の一番若い時を捧げたいって思うのは、別におかしいことじゃなくないですか

 

明日になったら、また自分の人生で一番若い日くるから、人間いつでも今が一番若いから、若いうちにやってれば良かったって思うことがあっても、それは今やっても遅くないですきっと。

 

 

 

さっき、家から卒業した小学校までの間、人も車も全然いなくて、世界に私ひとりだけ取り残されたのかと思った笑

 

今日は暑いねえ

広告を非表示にする

no title

すっごーーい雨。ざーざーじゃなくて、どばーーーーって感じ。でも降ってるとおもったらいつのまにか止んでてちょっと晴れてるの、私の気分みたいだ…

 

悩み事をぜーんぶ話せる人がほしいなぁ。

私が間違ってたとしても、きみは間違ってないって全面肯定してほしい。

そんなときもあるよねー

 

さっき、ひまぷーすぎて未来のこと考えてた。

大学卒業できるかなぁとか、美術館でお仕事できるかなぁとか、結婚できるかなぁとか、できるかなのナゾばっかり。でも、やっぱりわかんなくていいや。

だって、容易に想像できる未来ってたいくつ。

 

自分でも自分のことよくわかってないんだから、恋人氏はもっと私のことわかんないんだろうなあと思う。こんな私に付き合わされる恋人氏かわいそ…

 

 

最近のんでるサプリメントはビタミンのやつと、プラセンタ。スキンケア用品もラロッシュポゼに変えた。また皮膚科も行かなきゃいけないし、美容室も行かなきゃ。

 

考えることとやることがたくさんで

こころ半分こになりそうだ

 

うう

 

家にいてもやなことばっかりだから早く引っ越したーい!

 

ううううう

広告を非表示にする

冷戦状態

もー頭の中が

妊娠してたらどうする?問題で大変。だいじょーぶだいじょーぶって念じてるから多分大丈夫。前もこんなことあったなあ。

まだこどもは良いです。私が完全な大人になりきれてないのにこどもなんて産めないですね

妊娠してたら結婚すれば良いじゃんとかさ、産むんでしょ?とか簡単に言うけどさ、産むのは私なんだから軽々しくいわないでよね。って気持ち。やな気持ちになる

 

 

めちゃくちゃ最低だと思うんだけど、格好良い人とか見ると、ああこの人どんなセックスするんだろって考えてしまう

気になるー

 

 

もうすぐ引っ越しなんです、って言うとさ、遊びに行くね(//∇//)とか言ってくるおじさんいるけど冗談でも気持ち悪い バッチィ

練馬区っていう情報のみで新居付近まで特定されててコワーイです。

 

 

 

なんか頭のなか、最悪です…

 

そんで

(勝手に)目下冷戦ちゅ

広告を非表示にする

パーペキ

あなたは一体誰に言い訳してるの?って話聞いてて思ったけど、きっと自分に言い聞かせてるんだろうなと思って、黙って聞いてた。
私知ってる、本当は怖がりで、弱くて、言葉が慎重で、何にも信じてない目してて、私よりも手が温かい。好きなものはチョコレートでしょ。音楽が好きで、頭良くて、何やらせても上手にこなしちゃうパーペキ人。
一緒にいるとめちゃくちゃ気使うし、かわい子ぶりっ子しなきゃいけないし、よいしょしなくちゃいけなくて大変なんだけど、それでも全然苦じゃないのなんでだろ。
 
早くフラれたいって毎日おもってる。私と付き合うメリット一つもない。私が男だったら私とは絶対付き合いたくないやだやだ。
恋人氏のこと好きなのに、恋人氏を悲しませるために付き合ってるみたい。付き合う意味もさ、ちょっとわかった気がするけど、やっぱり、オフィシャルなセフレって感じする。よくわかんない。
もう私のこと監禁でもしててほしいよ。携帯もボッシューしてほしい。部屋から一歩も出さないでほしい
 
引っ越したら何か変わるのかな
 
 
あの人には、何しても近づけない気がする。手握ったってギュしたって何したって近づけない気がする。ずっと心遠いままな気がする。本当のことなーんにも、わかんないんだ
 
 
来世じゃなくて来来来来来世でもいいから、もし一緒になれたらチョコレートよりも甘い甘い毎日送りたいです
 
 
 
はーあ。
 
心のディスタンス遠くちゃ、意味ないのになあ
 
 
はーあ。あーあ。
広告を非表示にする