読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のはてな

私のはてなをいっしょに解明してください

冬に人を待ってた話

友達は先に帰って、私は人を待ってた。椅子に腰掛けて、音楽を聴きながら、肘をついて可愛く待ってた。外は暗くて、窓に映った自分を見ながら、前髪変じゃないかなって整えたりして待ってた。聴いていた曲はSEKAI NO OWARIの「花鳥風月」。その部屋はとても寒くて、マフラーを巻いてた。その人は待っても待っても来なくて、いつ来るのかなぁって。私はいつの間にか突っ伏して寝てた。そしたら頭を撫でられる感触がして目が覚めたんだ。好きな人が頭を撫でて起こしてくれた。わぁびっくりしたぁって言って起きた。おしゃべりして、帰りに「マフラーの後ろ結んでください」って言って結んでもらった。

 

いつかの冬の話。

 

でもこの話は、作られた偶然 によって過ごせた時間。

 

友達が先に帰ったんじゃなくて、先に帰るまで待ってた。なんとか二人きりになりたかったから、友達には帰ってほしくて、帰るまで待ってた。

突っ伏していつの間にか寝てたのも嘘。きっと好きな人が起こしてくれる、きっと触れて起こしてもらえるって思ったから、寝たふりしてた。

起こされた時、びっくりしたぁって口から出たのも嘘。全然びっくりしてない、ドキドキしてた。

ぶきっちょなふりして、「マフラーの後ろ結んでください」って言ったのも嘘。私器用だから、マフラーの後ろなんて簡単に結べる。でも結んで欲しかった。

 

 

全部作られた偶然だった。

 

花鳥風月聴いてたら思い出した、冬の話です。

 

冬って嘘つきの季節。